ハニーナッツ製造工程フローチャート

0.    前日準備

・瓶、ハチミツを前日に用意する。

・瓶は、網カゴに入れておく。

・使用するばんじゅを拭き、使用する用具類を用意する。

   

【原料について】

 ※原料は前日に全て用意しておく。

・アーモンド…大きい寸胴に入れ、冷凍保管。

・くるみ…箱のまま冷凍保管。

・かぼちゃの種、ヘーゼルナッツ、マカダミアナッツ、…ボール入れて店内冷凍庫で保管。

・クコの実、カカオニブ…封をしっかりして常温のまま保管。

1.当日準備

  寸胴にホースでお湯を入れ、火を付ける。

  

  銅鍋と道具類を準備し、ハチミツやクエン酸の原材料を準備する。

  缶に残ったハチミツは傾けて最後まで使い切る。

   

  充填機にお湯を入れ、殺菌を行う。

   

 

   

 

2.瓶殺菌

・瓶は左から取り出し、その後は右側のみ使用する。

・ばんじゅうに、逆さにした瓶を置いていく。満タンになったばんじゅうは台車に置き、ナッツ充填を行う作業台近くまで運ぶ。

   

 

 

3.具の充填

 ・具材のナッツ類は作業台の上に一列に並べ、分担して充填を行う。

・小さいボール計量したナッツ類を入れて瓶に充填する。アーモンドとくるみはお玉を使用。

 ・ばんじゅうにナッツを充填した瓶を入れ、次の人に回す。

  

 

 

 

 

 

・ナッツの充填 順番 

 【3人体制 10C】                 【4人体制 15C】

担当① アーモンド20g、くるみ25g          担当① アーモンド20g、くるみ25g  

            

担当② クコの実7g、かぼちゃの種35g、     担当② クコの実7g、かぼちゃの種35

カカオニブ2~3g

         

担当③ ヘーゼルナッツ3~5粒、          担当③ カカオニブ2~3g、ヘーゼルナッツ35

マカダミアナッツ2粒、ハチミツ充填        マカダミアナッツ2

      

         

・ばんじゅうが一杯になったら、

担当③はハチミツ充填を行う。         担当④ ハチミツ充填(手詰め充填)

・進行状況に応じて、担当が②が③の

ナッツ充填を行う

 

4.ハチミツの充填&微調整

 ・ハチミツは、異物が入らないように網で漉しながら寸胴に入れる。

 ・手詰め充填(機械は使用しない。液漏れが起こるため非効率)

  

 

 ・ハチミツの充填の際は、液充填用のメジャーカップを使用する。

・一度に一気にいれず、少し間を空けてから充填を行う。

  

 

 ・スプーンで液の微調整を行う。ハチミツは入れすぎると蓋が外れやすいので少なめに微調整を行う。

 ・量が多いときはスポイトで減量する。

   

 

5.キャップ締め

・キャップを用意する。

・乾いた布巾を使用しながらキャップをしっかり締める。

 

 

 

6.熱殺菌

 ・85度以上の温度を保ちながら40分熱殺菌を行う。

 ・温度計で温度確認を随時行う。

 

7.キャップシール

 ・空き箱と完成した商品は営業車に積み、クリーンルームに移動する。

 

 

・全員で協力してキャップシールを被せる

 

 

・商品を機械に入れる人は、キャップシールに余裕が出来ている時に、予備作業として、箱の裏面を補強、製造日と商品名の記入、箱の最終テーピングを行い、営業車に商品を積載する。(未熟者)

 

  

 

・受け取る人は、検品チェックを重要視した作業を行いながら、箱に入れる。(熟練者)

   

8.完成

・完成品は所定の場所(サニーP、サンドイッチや)へ移動し保管する。製造数を在庫表に記載する。